読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

A6バーチカルの手帳を探したのでまとめてみた

そろそろ来年の手帳を探す時期になりました。
社会人になってからはマンスリーの手帳を愛用してきましたが、久しぶりにバーチカルタイプを探しています。

大学生のころは、A6サイズのバーチカルがお気に入りで毎年使っていました。授業とバイトの時間を矢印で入れ、合間にこなしたい課題をこまごま書き込んでToDoリストにして活用していました。
社会人になってからは、会議などの予定は会社PCのOutlookで、仕事のタスクは付箋やメモに書くようになったので、手帳はプライベートの予定をちょこちょこ書ければよく、マンスリーで十分でした。
しかし、最近は仕事が増えてきて、徐々にタスク管理がしにくく感じるようになりました。
ただやることを書き出すだけでなく、この時間に先にこれをやって、待ち時間にはあっちをやって…というふうに段取りまで考えて進めたいとき、バーチカルの手帳があったらいいなと思うようになりました。

そこで以前使っていたマークスのA6バーチカル手帳の2017年版を探したのですが、どうやらもう売っていないようです。同じようなのを探すべく、いろいろ手帳を見て回ったのですが、バーチカルでA6って少ない!近場のロフトとハンズではこの3種類しか探すことができませんでした。

EDiT A6正寸 週間バーチカル

私が以前使っていたものの後継と思われます。こんなに高かったっけ…でも高級感も上がってます。
中身はベーシックなバーチカル。朝は6時から書けます。表紙は「スープル・ビス」と「シンプルジャケット」の2種類があります。どちらもシンプルで良いです。

<スープル・ビス>
 価格:2000円
 色:ミッドナイトブラック/オリエンタルレッド/チェリーピンク/ターコイズブルー

<シンプルジャケット>
 価格:2400円
 色:グレー/ネイビー/レッド

ブラウニー手帳

バーチカルとしても、時計回りに90°回してホリゾンタルとしても使えるように日付が振ってある「縦にも横にも使える」が売りの手帳です。まあバーチカルとしてしか使わない気がしますが…
時間軸ではなく、方眼紙の目に時間が書いてあります。時間を矢印で入れるとき、定規がなくても書きやすそう。
マンスリーがブロックタイプではなく、ガントチャートなのも特徴です。使いこなせるかな。
カバーは地味めな色が多いので、ビジネス向けにいいのかも?私はどれもあまりピンとこないのですが、買うならクリアかなあ。

 価格:2400円
 色:モカブラウン/ラテベージュ/ブラック/クリア/オレンジ/ピーコックブルー

クオバディス ビジネスプレステージ

フランスの有名手帳です。デザインもどことなく外国感があります。日本の祝日も書いてありますが、多少ごちゃっとしてるかも。
同じくフランスのパピエティグルとのコラボデザインが気に入りました。
難点は日曜日の欄が狭いこと!休日もやりたいことたくさんあるので、平日と同じ欄があるほうが嬉しいのですが、時間に縛られずに過ごすのもいいのかな…。

 価格:2400円
 色:アイボリー/ブルー/ピンク

他にも良いA6バーチカル手帳がないか、もう少し探して悩んで決めようと思います。

 

(2016.11.12追記)

都内の雑貨屋を練り歩き、新しく2種類のA6バーチカル手帳を発見したので追記します。
ついでにAmazonリンクも貼ってみます。

NOLTY キャレル

日経WOMANとの共同開発だそうです。確かに「能率手帳」の地味なイメージはなくて女性でも使いやすそう。
ただし、時間軸が8時からと遅いこと、また土日はバーチカルになっていないことから、私の選択肢からは外れました。

ES DIARY

王子用紙の上質紙「OKシュークリーム」を使用した手帳で、綺麗なクリーム色がいかにも手帳って感じがします。フォントも読みやすい。

ただし時間軸の線が濃い目なので、その上からToDoをメモしたりすると読みにくいかもしれません。また、カバーの色がネイビーしかないのもちょっと残念な点。

 

(2016.11.16追記)

結局、来年の手帳はEDiTにしました。

yuru-bari.hatenablog.com