読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

1ヶ月間TOEIC対策をしてみた反省点と今後の課題

明日、3年ぶりにTOEICを受験します。

今回は現在の点数を知り、今後の目標を決めるために受けるつもりなのですが、一応1月末から約1ヶ月間勉強してみました。
TOEIC対策として勉強してみて、失敗だったと思ったこと、もっとこうしたほうがよかったと思ったことがあったので、まとめて書いてみたいと思います。
要するに自分の覚え書きです。

1ヶ月間で勉強したこと

TOEIC模試のテキストを1冊持っていたので、それを使いました。

まず、1回分時間を測って解きました。
その後、問題文を1つずつ構文と単語の意味を確認しながら読み直しました。リスニングの問題は読み直しの前にディクテーションもしました。そして、以下のように復習しました。
Part1・2:瞬間英作文
Part3・4:オーバーラッピング
Part5・6:解き直し(3回)
Part7は復習の時間がとれませんでした。
試験前日(つまり今日)再度200問通して解き直しました。

1ヶ月間の反省点と今後の変更点

思ったより進まなかった→勉強時間を増やす・やることを決める

次の試験までにどれくらい進めようという目標はなかったのですが、もっと進んでいるかなと思っていました。
Part3・4はオーバーラッピングができるようになったら瞬間英作文も進めたいと思っていたのですが、そこまでたどりつきませんでした。またPart7に至っては、復習ができないまま試験日となってしまいました。

そこで、勉強時間を増やそうと思います。
今回の試験のために勉強した時間は、44日間で45時間でした。単純計算で1日1時間になります。それを次からは1日2時間ペースに増やします。
平日はなかなか厳しいですが、通勤時のリスニング40分も含めればいけるかなと思います*1。今もそれくらい勉強できている日はあるので、不可能なペースではないかと。

TOEICの勉強を始める前までは週数日、1回1時間未満しか勉強していなかったことを考えると、勉強の習慣はついたと思うのですが、英語を使いこなせるようになるには当然まだまだ足りません。最近よくある「短期間で結果にコミット」系英語スクールのカリキュラムを見ると、たいてい毎日2~3時間以上の学習を課していることからも、これぐらいの勉強時間は社会人でも捻出すべきなんだろうと思います。

また、1週間単位で何をするのか決めて取り組もうと思います。
今回はとりあえず読み直しを進め、終わったらどうやって復習しようか考えながら進めていたため「勉強する気はあるけど何したらいいかわからない」として勉強しなかったことがときどきありました。そういうタイムロスはなくす方向でやっていきます。

リスニング対策に時間をかけすぎた

リスニングの読み直しが終わった後、リスニングの復習とリーディングの読み直しを並行して進めていました。そのため、リーディングの読み直し・復習に充てられる時間が少なくなってしまい、Part7の読み直しが終わったのが試験1週間前でした。Part7の復習ができなかったのはここに原因があります。

設問・選択肢の復習をしなかった→本文と同様に復習する

Part3・4・7については、設問と4択の選択肢もきちんと復習しておく必要があったと思いました。
本文にしか目が行っていなかったのですが、「設問が分からなくて解けない」「リスニングの選択肢先読みができない」ということがありました…。

問題集が古かった→新形式対応の公式問題集を使う

今持っている問題集は学生のとき(2011年頃)購入したものです。それでも英語力を身につけるには役立ってくれたと思いますが、どうやらTOEICは問題傾向が時代によって変わっているらしいのです。
また、2016年に問題数の配分が変わり、新形式の問題も導入されたため、スコアアップという観点で見ると新しい問題集を使って最近の傾向に慣れておいたほうが良さそうです。

というわけで、早速ETS公式の新形式対応問題集を購入しました。

公式 TOEIC Listening & Reading 問題集 1 公式 TOEIC Listening & Reading 問題集 1
Educational Testing Service

国際ビジネスコミュニケーション協会
売り上げランキング : 251

Amazonで詳しく見る by AZlink

次回は6月末受験予定なので、そのときは問題集をやりこんだ状態で受験できるようにしたいと思います。

*1:電車10分+駅~会社の徒歩10分を往復で。家~駅は自転車なのでやめておきます。