大企業を楽しく生き抜く

理系OL、日々奮闘中。

業務効率化を目指したのに負担がむしろ増えた件

仕事を始めて3年強になりました。
その間ずっと、商品開発のスピードアップに向けて業務効率化を目指すように言われ続け、そのための工夫をしてきました。

仕組み面で労力を削減できるように改善したこともありますし、
自分の行動を出来るだけ無駄なくできるように努力もしてきました。

が、そろそろ疲れてきました

業務効率化って自分の負担が減るイメージだったのに、
むしろやればやるほど大変になる気がしています。
最近では、もうこれ以上効率化を目指したくないと思ってしまうほどです。。

そこで、なぜ負担が増えてしまっているかを考えてみました。

業務効率化によって負担が増える理由

業務効率化のための時間が必要

今までのとおり仕事をしているだけではいつまでも効率は上がりませんので、何か仕組みを作ったりして改善する必要があります。そうなると

・仕組みを考える
・実運用するための許可をとる(会議出席と資料作成)
・運用後のブラッシュアップ

といったような作業が発生します。
この作業をしている間にも当然日常業務を行いながらしてとることになるため、純粋に仕事の時間は増えます。日常業務だけで残業が発生している状況なのに、さらにプラスになるわけです。

とはいっても、一度仕組みをつくってしまえばあとは効率化できるので、長期的に見れば良いのではないかと思われるかもしれません。また、あえて時間をかけなくても日常業務内で工夫をしながら効率化できる部分もあるとは思います。

しかし、無事効率化が達成されてもそう簡単にはいかないのです。

業務効率が上がった分仕事量は増える

業務効率が例えば2倍になった(極端な例ですが)としても、労働時間が半分になるわけではなく、こなす業務の量が2倍になります*1

2倍になったといっても、効率化されているので時間はかからない訳ですが、少しのものを時間をかけてやるのと、多くのものを次々とスピーディにやるのでは、大変なのは後者だと思います。頭の切り替えや集中力が必要になるからです。

想定外な事例への対応時間は変わらない

仕事をしていると想定外なことはよく起こると思います。そのために対応している時間は、業務を効率化できても短くならない時間です。
また、先ほど述べたように2倍分の仕事をしようとすると、想定外に出会う可能性も2倍になると考えられます。
その結果、「ただでさえやることが多いのに、あれもこれもやらなきゃいけなくなった!!」という感じになります。

できるだけ想定外を起こさない工夫もできますが、回避しきれないこともあるからこその「想定外」なんですよね…。

これをなんとかするには、想定外な時間がかかっても計画内に仕事が終わるような「予備時間を含めた計画を立てる」ことが大事かと思います。
ただし、この考え方は職場の全員で持っていないといつまでもうまくいきません。仕事をする側がいくら考えても、仕事を振る側が予備時間を無視してしまうと、今抱えている仕事の時間を短く想定されてさらに仕事が振られることになるからです。

 

効率化は大切なことですが、人間は機械ではないので、計画どおりにいつも動けるわけではありません。追い求めすぎるのはなんか違うのではないか…と思っている今日この頃です。

*1:残業なら減らせるじゃん、と思われるかもしれませんが、そもそも効率化の目的が残業削減ではなくスピードアップなので、業務効率2倍=2倍速で仕事ができるという解釈になってしまうのです。。

iPhoneでの英語学習に役立つ無料アプリを2つ紹介する

以前記事にしたとおり、TOEICに向けての英語を勉強しています。勉強を続ける中で自分にとってやりやすい方法を模索しているうちに、スマホを活用した勉強法に行きつきました。

基本的には机に向かって勉強するようにはしています。が、疲れてベッドでゴロゴロするのを優先したくなってしまうときもあります…そんなときスマホで勉強できれば、ゴロゴロしながら勉強もできる!一石二鳥!

また、外出先で少し時間が空いた際にも勉強することができます。いちいち本*1を持って歩く必要はありません。

そこで、今私が便利に活用しているアプリをご紹介したいと思います。
どちらも英語学習専用のアプリではないので、いろいろな勉強やそれ以外の用途にも使えると思います。

私がiPhoneユーザーなので、iPhoneアプリになります。Android版はどちらもありませんでした。。

赤シートで隠す勉強法をiPhoneEvernoteで「Hide & Learn」

Hide & Learn【隠して覚える 暗記支援アプリ】
Hide & Learn【隠して覚える 暗記支援アプリ】
開発元:kanahira
無料
posted with アプリーチ

暗記系のアプリは単語帳アプリなど数多くあり、いくつか試した中で今までZuknowを使っていました。
が、サービス終了してしまったので新しいものを探すことにしました。

以下の条件にあてはまるものを探しました。

・自分オリジナルの単語帳が作れる
・単語だけでなく文章も入れられる(瞬間英作文用)
・PCで編集が簡単にできる

「Hide & Learn」は、Evernoteに保存されたものを読み出し、太字に設定された部分を隠してくれるアプリです。PCとiPhone両方にEvernoteを入れておけば、PCで編集→iPhoneで学習という流れでできます。

PCから編集できる!と銘打っている単語帳アプリをいくつか試してきましたが、編集が面倒だなと感じるものが多かった気がします。Excelで編集できるものもありますが、どのセルにどの情報…など把握するのがちょっと面倒で。。
また、1つのページに1つの単語や文章しか入れられないため、長文の瞬間英作文には向かないかなと思うところもありました。例えば会話をまるまる1ページに入れると、途中で分からなくて回答を見たときにその先の文の答えも見えてしまうので…
その点こちらはテキスト形式での編集になりますので、自分の都合のよい形で作ることができます。1ページに複数の文と答えを入れたり、その下に単語の注釈をつけておいたりしています。

実際に、こんな感じで使用しています。TOEIC Part3の会話文での瞬間英作文用です。四角い枠の部分をタップすると緑地に白字で答えが現れます。もう一度タップすると消えます。

 f:id:yuru_bari:20170611205945p:image

別途Evernoteのダウンロード、アカウント作成は必要ですが、私はもともとEvernoteユーザーだったのですんなり使うことができました。

Evernote - あらゆる情報をまとめて記憶
Evernote - あらゆる情報をまとめて記憶
開発元:Evernote
無料
posted with アプリーチ
AnkiMobile Flashcards
AnkiMobile Flashcards
¥3,000
posted with アプリーチ

教材と思えば高くはないですが、アプリに払う金額ではない、というのが正直な感覚。

音声速度変更&指定区間リピート再生が超便利「ハヤえもん」

ハヤえもん
ハヤえもん
開発元:Ryota Yamauchi
無料
posted with アプリーチ

 

 

 

 音楽再生ソフトです。ミュージックライブラリに入っている音楽を登録しておくと、こちらで再生できます。動画ライブラリやDropboxからも読み込みができます。

こちらの素晴らしいところは音声速度コントロール機能と指定区間ループ機能!

音声速度は10.0~400.9%まで、0.1%刻みで調整が可能です。英語学習に使うのは50~150%ぐらいですが、細かく調整ができるので助かっています。速度を変えても音程がほとんど変わらないのもよいところ。

区間ループはA-B再生に加え、マーカー再生が最近追加になりました。マーカー間でのリピート再生ができるので、文ごとにマーカーを入れて繰り返し聞いていくことができます。

マーカー再生の画面はこんな感じです。このときはTOEIC Part3の話者ごとにマーカーを入れています。

f:id:yuru_bari:20170611205939p:plain

(無料アプリなので下に広告が出ますが、操作に影響することはありません)

ちなみにアップデートの説明文がめっちゃ長いことでも有名(?)です。作者の情熱を感じます。笑

*1:TOEIC公式問題集は大きいバッグでないと入らない…

会社員の楽しみ方を伝えたい!&改めましての自己紹介

久しぶりの更新となりました。

新年度になって2ヶ月ほどとなりますが、今年から部署の業務が急増したためバタバタしています。
私個人としても担当替えがあり、新しい仕事を覚える一方で前の仕事の引継ぎして手が足りないところは手伝ってという感じでやっております。新人のときに担当していた製品が再度回ってきて、懐かしく感じる一方、以前やったことをほとんど忘れていることにびっくりしたりしています。

そんな感じで4月からやってきているわけですが、
最近どっと疲れが出てきておりまして。
いわゆる五月病ってやつでしょうか。新人でもないのに。

会社で過ごして3年経ち、古き日本の大企業ならではの悪い体質なんかも見えてくるようになって、ここで頑張り続けることに意味あるのかな?と思ってしまって。
フリーランスに憧れて、今から目指せる仕事はないかななんて探していたりしました。

でも、ひとつ感じていることがあって。
ブログ界隈を見ていると、自由な働き方を発信している人は多く見ます。プロブロガーしかり、フリーランスしかり。
でも、会社員としての楽しい働き方を発信している人はあまり見ないなって。

それなら、私がそんな働き方を模索して、見つけたことを伝えていきたい。
そして、それを読んで影響を受けてくださる方がいて、会社員が楽しく働ける世の中に少しでも近づいていけばいいなと思ったのです。。

会社員の人が自分の仕事について書くことが少ないのは、詳しく書くと守秘義務違反になりかねないからかなと考えています。
うちの会社なんか本当にリスクを取るのを避けて生きているので、SNSとかに書いてはいけないと言われている内容がたくさんあります。

・個人情報
・開発中の製品の話題
・反社会的な内容

なんかはまあ当たり前としても、

・出張に行った先で撮った写真や食べたご飯の話など(会社のお金で遊んでいると思われないため)
・既発売商品に関する内容(ステマと思われないため)
・採用スケジュール

なんてのもあります。
あと、そもそもFacebookとかで社名を出すのも一切禁止です。

が、「会社でどんな仕事をしているか」を書くことはできないとしても、「自分がどんなふうに働いているか」を書くことはできると思うので、表現に気をつけつつうまくやっていきたいです。
勤務先がばれるといろいろ推測されることが増えると思うので、そこが分からないように書くのが一番ですね。業種や勤務地等もはっきり明らかにしない方針でやっていくつもりです。伝わりにくい点もあると思いますが、ご了承いただきたく思います。

改めて自己紹介

そんなこのブログをやっているのがどんな人間なのか??
いままできちんと書いたことがなかったので、これを機に改めて自己紹介します。

・名前:唯
・国立大学→同大学院修士
 一応化学系。学部時代は有機化学や生化学の勉強をしていて、生物寄りのジャンルに進むつもりがいつの間にかがっつり化学の人間に…が、そのおかげで今の仕事に就けたというところがあります。今思えばもっと化学を頑張っておけばよかった。。
・メーカー研究開発部門所属
・英語(TOEIC)勉強中。
 学生時代に一度800点超えましたが、TOEIC難化と英語の論文をあまり読まなくなったことで、社会人になってからは700点台後半です。また800点超えたい。最近仕事でも英語を使うので集中してやっています。
・趣味:トランペットを中学から。ギターを社会人になって始めましたがまだ弾けるレベルではありません。
・遅咲きの邦ロック厨。でもフェスには行きません。ワンマンライブが好き。
 昔から好きなのは椎名林檎東京事変)とCoccoという典型的にアレな感じ(でも今も大好きだし偉大な存在だと思っています!)
 最近追っているのはハルカトミユキ、雨のパレード、打首獄門同好会。音楽性バラバラ。気に入れば何でも聴きます。
歯列矯正をしています。詳しくは別ブログにて。
・中学生のときからブログをやっていました。思ったことを文章にすることが好きです。どうしたら分かりやすくなるか、文をこねくり回すのが楽しいです。でも未だに文体が迷子。
 このブログを始めた時は読み物らしさというか、本にしてもいいような文章を心掛けて、書き言葉できちんとした文にし、一段落を長めに書いていました。でもなんか読みにくい気がしているし、自分を取り繕っている感もあるので、もう少し話し言葉寄りにしたほうが書きやすいし伝わりやすいのかも?と思っているところです。なので今後はちょっとテイストが変わるかも。

そんな感じで、今後ともどうぞよろしくです!